出生前DNA親子鑑定(新型)

出生前DNA親子鑑定(新型)

ローカス社が日本初として提供している新しいDNA鑑定サービスです。
この新技術は出生前親子鑑定において高い精度を持ったもので、Natera社が保有する生命情報 アルゴリズムとDNAチップを使用した最新のSNP技術を利用した手法で母胎血液内に浮遊する胎児のDNAを抽出し分析します。
従来の羊水・絨毛を用いた検査も引き続き行って参りますが、危険性やガイドライン等の規制、適用週数の限定など様々な注意が必要なため、今後は主にこの新技術による出生前鑑定をご提案いたします。

 

非侵襲性(ひしんしゅうせい)出生前親子鑑定の特徴
より安全で高い精度で早期に安価で回答を提供する事ができます。
妊娠9週間目(12週目以上を推奨)からDNA鑑定が可能です。
流産を伴うリスクはありません。
産婦人科の協力は必要ありません。ただし、内科等の病院・クリニックの血液採取手数料が別途必要となります。
結果は4週間程度にてご回答致します。(※4週間以上かかるケースもあります。)
●資料は母親と父親と思われる方の血液となります。

1:検査には資料の回収とインフォームドコンセントのため当社のスタッフの立会が必要です。
別途採取場所までの出張交通費が発生します。
2:約14%の血液の再採取リスクを伴います。再採取の場合は別途33,000円が発生します。
全体で約2%の検査不能ケースも発生しています。
3:中絶を目的とした場合や検査終了日を指定(例:「○月○日までに欲しい」、「1週間以内に結果を連絡して欲しい」)されるお申し込みは受付できません。
4:私的な検査の場合、後日別に参加する人物がいる場合、過去に検査を受けた方も再度検査をやり直す必要があります。料金も同額発生しますのでご注意下さい。
後日別の人物が参加する可能性がある場合は、裁判用(+42,000円)をご選択下さい。
DNA鑑定の料金についてはこちら

DNA鑑定のお問い合わせ先

近藤法政事務所
 所在地 〒461-0001
 愛知県名古屋市東区泉3-4-1 アサイビル201
  TEL:052-508-5196
  FAX:052-508-5197
  営業時間 9:00~18:00