エボラ出血熱による検査遅延のご案内

現在、西アフリカではエボラ出血熱が流行しております。DNA分析を行う検体すべてにおいて現在チェックがされている状態です。そのため研究所までの到着に時間を要するケースが発生しております。今後の展開で更に状況が変化する可能性もございますので随時HP上にて更新して参ります。ご利用者様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です